cat2koban の 備忘録

catのhandsも借りたいなあ

YAPC::Fukuoka 2017 HAKATA に参加してきました!

  今回もYAPC( Yet Another Perl Conference )に参加してきました!

会場はLINEの福岡オフィス!素晴らしく清潔感あり落ち着いた雰囲気で, 居心地がとても良かったです!

 

考えるとYAPCはこれで2回目の参加になります!

 

 相変わらずYAPCは楽しかったです!何より, 前線で活躍されてるエンジニアの方々のお話を生で聞くことができたのは相当モチベに繋がるものがありました!

 今回YAPC::Fukuoka 2017 HAKATA へ参加するにあたり, 学生旅費支援制度で交通費等を給付していただいた企業の皆さま, 大変ありがとうございました. 

 

前夜祭

 ヌーラボにて行われた前夜祭では, LTソンという時間が許す限りLTをするイベントが行われました!同級生のKくんや, 1つ下の後輩のアナグラくんたちのLTを聴きながら, バイキング形式の料理を堪能しました.  他の皆さんも明日への本番の準備に向けて着々と熱を高め合っている感じがしてとても和気藹々とした様子でした!

 

特に印象に残ったトーク

www.slideshare.net

 

 セキュリティキャンプの講演で前々から知っていた徳丸さん!

実際にWeb Shellというツールを,  攻撃先のサーバーに設置して, ブラウザを開いてそれを用い, 実際に脆弱性を突いて情報を取得していく. といったデモ形式のトークで, とてもゾッとする話もあれば, なるほど, サーバー側にシェルをダウンロードさせることもできるのか......やってみよう!だったりと, 聞いてて自分でもやってみたくなる話も多々あり, すごく興味をそそるトークでとても聞いてて飽きず楽しめました. 

 現在4年で, ネットワークセキュリティ関連の研究を進めている私からすると, 徳丸さんの話を生で聴けたのはすごい貴重な体験で, とてもためになることだらけでした!

 

懇親会

 懇親会は,九州創作酒場 博多 笑門にて行いました!

あまり食べたことなかったもつ鍋.......福岡来て初めて食べたんですがとても美味しかったです!そして懇親会といえば, 登壇者や他の参加者との交流!僕はコミュ障が発揮してしまい...ずっと同じ席に座っていたのですが.....サポーターズの楓さんの後押しのおかげもあり!他の参加者との席に一緒にさせていただきました!

 そこで他の参加者のお話を聞いていたのですが, なんと皆さん普段から業務でPerlを書いてらっしゃるとのこと......やはりPerlはまだまだ現役で, 今もどこかでしっかりと活躍してる素晴らしい言語なんだなとしみじみ....()いやいやというか本番の最後に, LINEのスポンサーセッションの際にも, LINEのアプリ(以下に記載されてる写真に掲載されているアプリ4つ)はPerlでできています!という衝撃発言.....があったんです!

 これにはもう...びっくりでした.......

 

まとめ

 いやはやYAPCは最高ですね!最初にも書いた通り, 前線で実際に活躍されているエンジニアの話を生で聴けるなんてもうすごいこと!!しかも懇親会ではその人たちが実際にいるんですもの!(コミュ障発動しちゃいましたが......)

 

 来年も参加しようと!決意しました..........

 

と言いたいのですが, 来年は沖縄ですね!

 

 実際にティザーサイトも上がってるみたいです!

yapcjapan.org

 

 

 僕がこのティザーサイトを書いたのですが....何かうーんfukuokaの頃に比べると......

時間を作って, よしなにいい感じに作っていけたらなと思ってます.....

頑張ります٩( ᐛ )و

 

 

 

 

 

 

YAPC::Kansai 2017 Osakaに参加してきました #yapcjapan

YAPC( Yet Another Perl Conference ) に初めて参加しました!

 

 

YAPC::Kansai 2017 Osakaに参加するにあたり, 学生旅費支援制度で交通費等を給付していただいた企業の皆様, 並びにYAPC期間中に宿泊先を提供してくださりました@papixさん, そしてそのご家族の皆様, 大変ありがとうございました. 

 

いくつか聴講させていただいたトークの感想

2017年 春のPerl : @charsbarさん

www.slideshare.net

 perl5.24.1が最近出たというのもこのトークで初めて知りました. 正直なところプログラミング言語が今どのような調整がされているか, どのような機能が追加されるのか等,  あまり気にしたことがなかった.  このトークをきっかけに, 少しでもPerlの現状に目を向け, 今自分が扱っているプログラミング言語の動向をちゃんと知っていこうと思いました. 

 

Webアプリケーションのキャッシュ戦略とそのパターン : @moznionさん

speakerdeck.com

あまり意識したことのないキャッシュについて, レイヤ別, パターン化についての解説をしてくれていました. 正直まだWebアプリケーションを運用したことがなかったために, トークの内容についていけるか心配でしたが, キャッシュを扱う上でのシチュエーションなども例に挙げて話を進めてくれていたり, ところどころに笑いを挟んだりと, とても聞きやすいトークでした. 

 

Mojoliciousで始めるマイクロサービスアーキテクチャ : @masakystさん

speakerdeck.com

Okinawa.pmの@masakystさんのトーク!印象に残ったのがJWT(Json Web Token)によるセキュリティ認証について. 以前のperl入学式後の食事会で小耳に挟んだ程度だったのであまり使い所もわからずそのまま放置していた知見の一つでしたが, ここで@masakystさんの解説を聞き, 少しばかり理解したつもり(ry...になりました. トーク最後のokinawa.pmの紹介でyomitan.pmの頃の話などもあり, 生い立ちを知るいい機会でもありました. 

 

 

Perl to Go : @code_hex

http://go-talks.appspot.com/github.com/Code-Hex/talks/yapc-kansai/main.slide#5

まさか友人であるKくんこと@CodeHexくんがYAPCトークをするとは...と思いながら複雑な気持ち?でトークを聴講させていただきました. といっても正直Go言語についてはさっぱりで, 話について行くのは少し大変でした. Perlオブジェクト指向の話や, ポリモーフィズム界隈の話が出てきた際はPCでところどころ調べながら(笑)くらいついて聞いていました. 

 

GUEST : 木本裕紀さん

終盤からの聴講でした, リモコンを操作し, ウインドウ内に表示された猫を移動させるWebアプリケーションのデモを行なっていました. いつもわからないことがあると参考にさせていただいている以下のサイトの管理者で, お初にお目にかかれて大変光栄でした. 

d.hatena.ne.jp

 

PerlのWebアプリケーションをデプロイするときに僕たちが考えたこと : @papixさん

まずデプロイとは?という入りでした. 正直なところ今までも単語の意味がわからない際はトーク中にグーグル先生に聞いたりして発表に食らいついていたのですが, @papixさんのトークは, 僕の印象では細かくわかりやすく「なぜ?」が淡々と解消されて行くトークですごくためになるよう進め方でした. その重要性や無停止の必要性について, 今後エンジニアとして業務に携わる際必要な知識なんだと, 改めてわかったトークでした. Perl入学式の生徒としては, 校長先生のYAPCでのトークを聞けて, 大変うれしく思いました. 次年度沖縄で行われるPerl入学式では, サポーターとして頑張っていけたらなと思います!

 

 

まとめ

トークでも, LTにおいても, みなさん笑いを取る技術が素晴らしいものだと思いました.

-> そのおかげで終始飽きずに聞き入ることができました. 

自分の知識が浅いことを知った

-> トーク中にわからない単語を調べる自分を思い浮かべると, やはりまだまだだと実感しました....これからも学習を続け, Perl Monger, またWebエンジニアになれるよう尽力していこうという固く決意しました.  

 

 

derefarence

github.com

 

my @favorite_foods = @{$int->{favorite_foods}};

の@以降で$intに渡されているハッシュリファレンスのfavorite_foodsの要素をデリファレンスしてる。

 確認

--------------------------------------------------------------------------------

f:id:sorehaedamame:20160517211628p:plain

--------------------------------------------------------------------------------

 

参照記事

github.com